革靴

革靴

革靴のオールソール交換の目安は一体いつ?どんな状態でやるものなのか

長く革靴を履いているといずれ靴底が減りオールソール交換をしなければいけない時がやってきます。しかしオールソール交換とはどのタイミングで行えば良いのでしょうか?今回はオールソール交換の目安と状態を元修理職人の私が解説します。オールソール交換のタイミングが遅過ぎた場合修理箇所が増えて修理代金が高額になってしまうこともありますので注意しましょう。
革靴

シニアにおすすめ!定年後に履きたいおすすめの軽量で歩きやすい革靴6選

ビジネスマンを卒業したらどんな靴を履けば良いのか、というのは定年後の男性たちのちょっとした疑問かもしれません。そこでおすすめしたいのがシーン別で使える軽量で歩きやすくリーズナブルな革靴6選です。カジュアルな革靴といえども様々な機能性がありシーンによって使い分けることで効果を発揮します。
革靴

トリッカーズ/Tricker’sレディースのサイズ感と革靴女子に伝えたい最高級の楽しみ方

革靴女子におすすめしたい一生履ける〝おじ靴〟とは?私がおすすめするのは英国王室御用達でもあるトリッカーズ/Tricker'sです。しっかりとした製法で作られているため、「一生もの」でありエイジングも楽しめます。ぽってりとした丸い顔のトリッカーズは女性にも履きやすいおじ靴であり、革靴女子がワクワクするテイストが満載です。
革靴

革靴とベルトの色を合わせるのはマナーだった!?知っておきたいコーデの基本

ビジネスシーンでスーツを着る場合、ベルトの色はどのように選んでいますか?今回はベルトの色と革靴の色の関係性のお話しです。ベルトの色と革靴の色は同じ(似ている色)を選ぶのがマナーです。またバックルはシンプルなものが好ましいです。おしゃれだと思って自由に選んでいた革小物も〝マナー〟を基準に選ぶことでできるビジネスマンに一歩近付きます。まずは見た目から整えてみませんか?
革靴

ジョセフチーニー/JOSEPH CHEANEY レディースは〝本物志向〟の心を揺さぶる仕様、こだわりを解説します!

「人と違った靴を履きたい」「メンズっぽいおしゃれな革靴が欲しい」という革靴女子に伝統とこだわりが詰まったジョセフチーニーをご紹介します!ジョセフチーニーは英国の老舗靴ブランドであり、〝本物志向〟の革靴女子向けのグッドイヤーウェルト製法の革靴です。現役の紳士靴販売員がお手入れの方法、履き心地など実体験を元にレビューします!
革靴

革靴の音鳴りの4つの原因と対処法を伝授!!

履き慣れた革靴から突然鳴り始めた〝異音〟静かなオフィスを歩くと聞こえる「キュッキュッ」という耳障りな音。一体これはどこから聞こえてくるのか…悩んでいるあなたに「革靴の異音の原因」をシェアします。そもそも生き物でもない革靴から〝異音〟が聞こえてくることなんてあるでしょうか?実はよくあることなのです。音鳴りの3大原因と対処法をご紹介します!
革靴

チャーチ/Church’s のレディース、バーウッド/BURWOOD メンズに負けず劣らず素晴らしい理由

女性でも「グッドイヤーウェルト製法の革靴を恰好よく履いてみたい!どんなブランドがあるの?」という方におすすめしたいのがチャーチのバーウッドです。スタッズがついたカジュアルな雰囲気がお洋服にも合わせやすく、製法はグッドイヤーウェルト製法なので仕様はメンズシューズそのままにスタッズの入ったシボ革がとても女性らしく可愛いです。
革靴

超簡単!足のサイズ測り方と靴屋の店頭で欲しい革靴が見つかるコツ

革靴を選ぶ際何を気にしますか?もちろんデザインや色など気にすると思いますが、一番肝心なのはサイズではないでしょうか?いつも靴の幅がキツくて苦労している方はワイズ/ウィズの広い表記のものを選ぶことをおすすめします。ワイズ/ウィズの見方や足のサイズの計測方法をご紹介しています。自分の足のサイズを知るだけで革靴が選びやすくなりますよ!
革靴

革靴の種類は何があるのか、代表的な6つのデザインを履きこなそう!

何気なく履いている革靴のデザインに意味があったことはご存知でしょうか?革靴の代表的なデザイン6つを今回ご紹介します。フォーマルからカジュアルまで革靴のデザイン6種を知ることでTPOに合わせて変えることもできますし、デザインの意味に合わせよりファッションを楽しむこともできます。
革靴

スニーカーと革靴のサイズはなぜ違う?失敗しないフィッティングの方法を紳士靴販売員が伝授!

革靴を買おうとして店員にサイズを伝えたらなぜかサイズが合わないという経験はありませんか?スニーカーのサイズと革靴のサイズは実は同じではないのです。スニーカーのサイズから約1.0〜1.5cmほど差し引いたサイズが革靴のサイズになります。靴のサイズは2つあるということを覚えておいて下さいね。
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました