革靴

革靴

卒業式・入学式、そのまま就活にも使える失敗しない革靴の選び方を紳士靴販売員が伝授!

初めて革靴を購入する際どんなデザインを選べばその先長く履けるのか、また就活にNGな革靴のデザインとはについてシェアします。入学式・卒業式・就活に全てに使えるデザインとは“ストレートチップの内羽根式”です。次に揃えて欲しいのは“プレーントゥの外羽根式”です。就活などでは3足以上をローテーションすることをお勧めします。
革靴

マイケルジャクソンも愛したG.H.BASSは踊れるほど履きやすい!?

マイケルジャクソンが愛した革靴で有名なG.H.BASS。マイケルジャクソンの激しいダンス、フロアを滑るようなダンス、革靴で踊っているとは思えないほどしなやかですよね。なぜG.H.BASSであのような動きができたのか、マイケルジャクソンはなぜG.H.BASSを選んだのか、靴業界の色々な分野を経験したHIROsophyがマイケルジャクソンとG.H.BASSの関係を推理します。
革靴

革靴のサイズ選びは小さめがいいって本当?紳士靴販売員がお答えします!

靴屋へ行き販売員に「革靴は小さめがいい」と言われたことがある方もいると思います。なぜ革靴は小さめが良いのか、小さめは長く履くと痛くなるのではないのか、というシンプルな疑問に私の経験を踏まえてお答えします。販売員が接客時、フィッティング時に何に注目しているのか分かるとサイズ選びが楽になります。
革靴

インソールを入れて革靴を履くのはダメですか?紳士靴販売員が真剣に答えます!!

クラシックな革靴にインソールを入れて履くことをおすすめしない方も実際いらっしゃいますが、今回は紳士靴販売員の視点からインソールと革靴についてお話ししようと思います。本当にインソールは悪なのか、よく聞かれる理由を検証しインソールを入れることで得られるメリットを詳しくお話しします。インソールの特徴をしっかり把握すれば何も問題ありません。
革靴

革靴はラバーソールとレザーソール、紳士靴販売員はどちらがおすすめ?

革靴を選ぶ時ソールの素材を気にしていますか?デザイン性よりまず目的に合ったソールの素材を決めることでもっと革靴は選びやすくなります。そこで今回はラバーソールとレザーソールはどちらがおすすめかメリットとデメリットを交え考えたいと思います。
革靴

ただのサンダルじゃない、ビルケンシュトックの魅力に迫る!

ビルケンシュトックと聞くとすぐにサンダルを思い浮かべると思いますが、ビルケンシュトックのサンダルはただのサンダルではなく「医療用サンダル」として作られたという経歴があります。なぜこんなにビルケンシュトックは人気があるのか、また履きやすいのかをご紹介します!
革靴

シューキーパーは革靴を長持ちさせる、その理由と使い方を徹底分析!

革靴を購入した時に一緒に勧められるシューキーパーですが何のために入れるかご存知ですか?今回はシューキーパーの用途と使い方をご紹介します。シューキーパーを入れるだけで簡単に履きジワが伸び、長持ちするようになります。ぜひ革靴にピッタリのシューキーパーを選んで下さい!
革靴

パラレル派?シングル派?切れてしまった靴紐の通し方教えます!

「靴紐が切れてしまって新しい靴紐と交換したいのだけど通し方が分からない!」そんな時のために今回シングルとパラレルという靴紐の通し方をご紹介します。シングルとパラレルはドレスシューズなどでよく使われる通し方でスッキリとした見栄えになります。どちらも簡単で誰にでもできますのでぜひ参考にして下さい。
革靴

グッドイヤーウェルト製法とマッケイ製法の違いを知ればもっと革靴が楽しくなる!

紳士靴の製法といえばグッドイヤーウェルト製法とマッケイ製法が有名ですよね。この二つの製法の違いや見分け方を今回ご紹介します。グッドイヤーウェルト製法とマッケイ製法の違いを知れば今度から革靴を選ぶときの基準が変わると思います。ぜひ用途にあった製法を紳士靴販売員の私としては選んでいただきたいと思います。
靴磨き

スニーカーの汚れ落としを自宅にあるもので簡単にする裏技!

スニーカーはとてもファッショナブルで足にも優しいので日頃活躍する靴ですが、履けば履くほど汚れも目立ってきますね。そこでスニーカーの汚れを自宅にあるもので落とす方法をご紹介します。今回汚れを落とす素材はスエード、合成繊維、EVAソールです。汚れ落としのコツは素材別で使う道具を変えることです。
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました