革靴の音鳴りの4つの原因と対処法を伝授!!

革靴
この記事は約9分で読めます。
スポンサーリンク

どこから聴こえる?この異音

怪奇現象だぁぁぁぁ!!!
と思ってしまうほど、奇怪な音が革靴からするという経験はお持ちではないですか?
このHIROsophyのブログに辿り着いたあなたはきっと革靴からする異音に悩んでいることと思います。
そこで今回は革靴の音鳴りについてシェアしたいと思います。

異音の原因が分かればスッキリしますよ。
ではさっそく革靴の音鳴りについて考えて見ましょう!

革靴の音鳴りとは?

キュッキュッキュッ

革靴男子
革靴男子

履きやすいからよくこの革靴を履いていたんですけど、ここ最近歩くとキュッキュッって革靴から音が聞こえるんです!

HIROsophy
HIROsophy

多分音鳴りだと思います

革靴男子
革靴男子

オトナリ?
直せるんですか?

HIROsophy
HIROsophy

まずは原因を考えますので
今、ここでその音を聞かせていただけますか?

店頭での会話の一例ですが、実際このようなお問い合わせがありました。
音が気になって仕方がない、というものでこの場でその音を聞かせていただきました。
確かに歩くたびにキュッキュッと聞こえます。

音鳴りの原因は何なのでしょうか?
今回は革靴の音鳴りについて専門的な分野からお話ししたいと思います。

ここで大事なのが『現象の再現性』なのです。
自分以外の人間にその現象を確認してもらうことが原因究明の鍵になります。

革靴の音鳴りの4つの原因

ヘッドフォンで聴く男

き、聴こえる?

①革がしなる音(革鳴り)

艶々の黒のドレスシューズ

アッパーが歩くたびに屈曲し、その時に革がしなり「キュッキュッ」と鳴ることがあります。

この現象は明らかに靴の上部が鳴っていると気づくため聞き分けは難しくはありません。
聞き分ける際に屈曲するタイミングに集中して下さい。

②アウトソール、中物、中底、ヒールなどの摩擦音

チーニーの靴底

部材の摩擦音は案外あります。

私がよく遭遇するのはヒールやソールとフロアーの相性により「キュッキュッ」と鳴るパターンです。
同じフロアーでもその素材が変わることで鳴る場所と鳴らない場所があります。

再現するときは様々な種類のフロアーを歩いてもらいます。

③ライニングとの摩擦音

CHEANEYの靴の中

ライニングとの摩擦音とは足とライニングの間に生まれる隙間により空気が抜ける音がしたり、普段聞き慣れない異音がします。

これもかなり多い音鳴りの典型です。
“どんな音”かを聞き分けましょう。

④シャンクのズレ

シャンク

シャンクの接着が剥がれかけたりすることでシャンクが動き音鳴りがすることがあります。

ボンドは時間と共に劣化していくため、シャンクを留めているボンドが剥がれて動く(ズレる)ということはよくあることです。

革靴の音鳴り対処法

茶色の革靴

革鳴りはクリームをしっかり入れて柔らかくする

革がしなって音がなる場合は、アッパーの革を柔らかくすることでスムーズに屈曲するようになり聞こえなくなる場合があります。
保革効果のあるクリームを主に屈曲部分に塗ることでスムーズな動きをするようになり、結果的に革がしなって音が鳴るという現象がしなくなります。

しかし必ず音が鳴らなくなるというわけではないです

ライニングとの摩擦音はインソールなどを使ってサイズ調整

隙間がある故に空気が抜けるような音がする場合は、その隙間を埋めることで音がしなくなることがあります。

革靴が伸びてしまい買った当初はピッタリだったものが段々と緩くなりライニングと足の間に隙間が生まれたことにより「シュッシュッ」という音がする場合はインソールなどを使い再度ピッタリ履けるように調整します。

シャンクの場合はオールソールをしシャンク部分を交換、または再接着

シャンクがズレて音鳴りをしている場合はシャックの再接着または交換になりますが、シャンクを再接着または交換するにはオールソール交換をする必要があります。

オールソール交換とは一度ソール全てを剥がし新しいソールに交換するというものです。
なぜオールソール交換が必要かといいますと、シャンクはソールと中底の間にあるためシャンクを再接着または交換するためにはソールを剥がさなければいけません。
そして剥がしたソールはそのまま再び縫い付けることはできないため新しいソールと交換になります。

「オールソール交換をするほどソールは擦り減ってないよ…」という場合は、音鳴りとオールソールを天秤にかけてそれでも音鳴りが気になるという場合はオールソール交換をすると良いと思います。
履くことに支障をきたさない程度の音鳴りの場合はそのまま履き続けても問題ありません。
ただ音鳴りの音が段々と大きくなる、状態に違和感がある場合は一度開いて(ソールを剥がして)中を確認しオールソール交換したほうがいいと思います。

アウトソールなどの摩擦音は…

アウトソールなどがフロアーに擦れて鳴る音が原因だった場合は特にやれることはありません。

アウトソールとフロアーの相性が悪いと「キュッキュッ」と鳴るため、本当に気になるという場合はソールの素材を変更した方が良いでしょう。

革靴の音鳴りの原因究明は難しい

革靴の音鳴りは直る場合もありますが、直らない場合もあります。
どこから音が鳴っているのか、なぜ音が鳴っているのかを見ただけで判断できないからです。
だからといってオールソール交換をしたところで100%直るものでもないので、プロの職人であっても“音鳴りの原因究明”は非常に難しいのです。

今回は「音鳴りの原因」になっている可能性の高いものをご紹介しました。
歩いていると鳴り響く「キュッキュッ」という異音は確かに気になるものです。雑踏の中では気にならなくても静かなオフィスなどでは目立ってストレスを感じる方もいらっしゃると思います。
まずは「どこから音が鳴っているのか」をおおよそ突き止め、修理工房かお買い求めいただいた店舗にお持ちいただくことをおすすめします。

今回も最後までお読みいただきありがとうございました!

かかとの修理についてはこちらで解説しています!

コメント

タイトルとURLをコピーしました