HIROsophy

靴磨き

革靴の履きジワが甲に当たって痛いとき、改善させる方法を紳士靴販売員が伝授!

新しい革靴が痛いことはよくあることですが、馴染めば馴染むほどなぜか甲が痛い場合はそれはサイズが大きいせいかもしれません。甲から足の指周辺にかけて痛みがある場合は甲部分の余裕を確認して下さい。あまりに余裕がある場合は歩くたびにアッパーの革が折れて甲に当たっている可能性があります。突き刺さるような痛みがある場合は革を伸ばしたりインソールを使用することで改善します。
靴磨き

革靴のへこみを誰でも簡単に直す方法を紳士靴販売員が伝授!

革靴を履いていると傷やへこみを作ってしまうことは多々あります。傷やへこみをそのままにすると見栄えも悪いですし、愛着ある革靴がとても可哀想です。すぐにでも直してあげたい、と思っている方はぜひ参考にして下さい。まずはへこみの状態をよく観察し、下準備として革を保革し柔らかくしておきます。柔らかくなった革をアビーレザースティックでならすだけで簡単にへこみを直すことができます。
革靴

一生もののレディース革靴を〝紳士靴販売員〟がおすすめします!

女性も「一生ものの革靴を履いてみたい」と思っている方がたくさんいると思いますが、実際選ぼうと思ってもどの靴が一生履ける革靴なのか見ただけでは見当もつかないという方もいらっしゃると思います。今回は紳士靴ブランドで有名な5つのシューメーカーが作る婦人靴をご紹介します。環境にも優しい一生履ける革靴をぜひお試し下さい!
革靴

革靴のオールソール交換の目安は一体いつ?どんな状態でやるものなのか

長く革靴を履いているといずれ靴底が減りオールソール交換をしなければいけない時がやってきます。しかしオールソール交換とはどのタイミングで行えば良いのでしょうか?今回はオールソール交換の目安と状態を元修理職人の私が解説します。オールソール交換のタイミングが遅過ぎた場合修理箇所が増えて修理代金が高額になってしまうこともありますので注意しましょう。
靴磨き

革靴愛好者必見の履きジワを目立たなくなせる方法を伝授!!

深く入った履きジワ、そのままにしておいて大丈夫?甲部分に深く入った履きジワをそのままにしておくと革に亀裂が入ったり裂けてしまうことがあります。履きジワを伸ばすには使用後はシューツリーを使用し、深くなった履きジワの場合はクリームやオイルを塗布し革をアビーレザースティックにより引き伸ばすという方法もあります。
靴磨き

革靴のコバ磨きをするだけで靴磨きの完成度はいっそう上がる!

靴磨きをするときにコバ磨きしていますか?コバを磨くことで靴磨きの完成度は一気に上がります。見落としがちなコバですが、サンドペーパーで整え専用のコバインキを使うことで色落ちを補色でき新品のような仕上がりになります。またコバ部分を磨く際に便利なコバブラシというブラシがあります。隙間に届くブラシなので綺麗に仕上げる際には用意すると便利です。
革靴

ジョセフチーニー/JOSEPH CHEANEY レディースは〝本物志向〟の心を揺さぶる仕様、こだわりを解説します!

「人と違った靴を履きたい」「メンズっぽいおしゃれな革靴が欲しい」という革靴女子に伝統とこだわりが詰まったジョセフチーニーをご紹介します!ジョセフチーニーは英国の老舗靴ブランドであり、〝本物志向〟の革靴女子向けのグッドイヤーウェルト製法の革靴です。現役の紳士靴販売員がお手入れの方法、履き心地など実体験を元にレビューします!
革靴

カジュアルな革靴を紐を変えるだけですぐにドレッシーになる裏技を伝授!!

カジュアルな革靴をお金をかけることなくちょっとしたアイディアでドレッシーになる裏技をご紹介します。お金をかければ革靴のカスタムはどこまでも可能ですが、今回は紐の通し方をドレス仕様に変えるだけで一瞬で印象を変える裏技です。お洋服に合わせカジュアルな革靴を少しだけドレスアップしてみましょう。ファッションの幅も広がり、すぐに個性も出せます!
靴磨き

靴磨きの頻度とタイミングは?革靴にとってのベストタイミング教えます

靴修理・靴磨き・紳士靴の販売をを経験したHIROsophyが革靴を手入れするベストタイミングをお教えします。いつお手入れしていいのか分かりづらい革靴ですが、お手入れにもベストタイミングが存在します。そこで履く頻度別のお手入れ方法と靴磨きでチェックするべき修理箇所も写真付きでご紹介していますので是非ご覧下さい!
靴磨き

革靴の靴磨きのアイテム“布”を徹底研究!

靴磨きをする時に使用する布ですが、巻き方や種類があることはご存知ですか?この布を綺麗に指に負けるかどうかで靴磨きの仕上がりは大分変わります。そして布の種類を変えるだけで鏡面磨き(ハイシャイン)でさえ簡単に艶を出すこともできるのです。たかが布と思わずに布に拘るからこそ広がる世界を私と一緒に是非体感して下さい!
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました