大人の嗜み教えます

How to 傷補修!

Click!

超簡単にできる、ビルケンシュトックのフットベッドのお手入れ方法

ビルケンシュトックのフットベット 靴磨き
この記事は約5分で読めます。
スポンサーリンク
ビルケンシュトックのフットベット

春夏秋冬、ビルケンシュトックには大変お世話になっております。さすがにオフシーズンがなく、年がら年中履いていると汚れてしまうビルケンシュトックを今回はお手入れしたいと思います。
特に気になる汚れといえばビルケンシュトックの「フットベッド」ではないでしょうか?スエードライニングがとても気持ちがいいフットベッドですが、足の汗を吸い気づくと黒ずんでいます。このまま履いても問題はないですが様々な菌もいそうなのでしっかりと綺麗にしていきます!

ビルケンシュトックのフットベッドを綺麗にする!

用意するもの

  1. サフィール オムニローション
  2. 馬毛ブラシ
  3. 小皿
  4. マイクロファイバークロス
  5. サンドペーパー

フットベッドのお手入れ方法

足の汗で黒ずんでいるフットベット

スエードライニングが汗を吸ってくれるからいつでもサラサラで快適な履き心地なのですが、裸足で履くサンダルタイプのビルケンシュトックの場合やはりフットベッドの汚れは気になりますよね。

今回のやり方はサフィールのオムニローションを使用し水洗いします。「革に水は大敵でしょ?」と思う方もいらっしゃると思いますがオムニローションはスエード・ヌバック・テキスタイル用の洗浄剤なので安心です。

フットベットをブラッシング

まずはスエードライニングの表面を馬毛ブラシを使い埃などを払って下さい。
この馬毛ブラシは靴磨きなどで必ず必要になりますので、一本用意しておくと便利です。
細かなところに入り込んだ目には見えない埃などをブラシを使うことで取り除くことができます。


ビルケンシュトックとオムニローション

次にオムニローションを少量小皿にとり、付属のブラシを使って汚れを落としていきます。

サフィール オムニローション フランス製
色落ち、シミになる場合があるため最初に目立たない所でテストして下さい。スエード・ヌバック・テキスタイル・ストレッチ素材・マイクロファイバー素材の靴以外には使用できません。


オムニローションでフットベットを洗浄

ポイントは全部濡らすことです。一部分濡らすと結果シミのようになります。全部濡らすことでムラなどを防げます。
オムニローションは洗浄剤なためブラシで擦ることで泡立ちます。

フットベッドを洗った場合、Birkenstockのブランドロゴが薄くなったり消えたりする場合があるので、ブランドロゴを残したい方にはおすすめしません。

フットベットを洗浄する

気になる黒ずみ部分を念入りにブラシで擦ります。

小皿とブラシ

全体的にブラシで擦ったら次に水をつけたブラシで擦ります。
一度綺麗にブラシを水洗いし小皿の中も洗います。小皿に水を入れブラシを使い洗い流していきます。

濡れたフットベットを拭く

ビチャビチャ。


フットベットの水気をとる

マイクロファイバークロスを使い水分を素早く取り除きます。このマイクロファイバークロスを使うことで汚れも更に落ちますので、私はマイクロファイバークロスをおすすめしています。

フットベットを乾燥させる

乾燥!!

洗った後のフットベッド

乾燥させたフットベッドの状態です。


フットベットをサンドペーパーで削る

サンドペーパーは小さく切ると持ちやすくなります。黒ずんでいる部分を軽くバフさせます。

汚れているフットベッド

こんなに汚れていたフットベッドが…

綺麗になったフットベッド

ロゴの印字は薄くなりましたがこんなに綺麗になりました!


アッパー素材ビルコフローのお手入れ

ビルケンシュトックのビルコフローの手入れ

ビルケンシュトックのアッパー素材は「ビルコフロー Birko-Flor」といいます。


ビルケンシュトック社オリジナルの合成皮革です。お手入れはとても簡単で誰でもできますので、紹介します。

ウェットティッシュとビルケンシュトック

ウェットティッシュで拭き取るだけ!
濡れタオルでも構いません。

綺麗になったビルケンシュトック

日頃お世話になっているビルケンシュトックが綺麗になったのでまたこのサンダルで出かけます!

夏も冬もビルケンシュトックで健康ライフ

ビルケンシュトックのボストン

ビルケンシュトックというと夏に履くサンダルのイメージですがデザインを変えるだけで年がら年中履くことができますよね。また裸足で履くことが多いため汚れやすい…。常に気持ちよく履くために黒ずんできた時はサフィールのオムニローションを使って洗えば汚れも落ちてサッパリします。何よりやり方が簡単なため誰でもできますのでぜひ参考にして下さい!


私は靴業界に入ったときはイギリス靴やアメリカ靴などの質実剛健のグッドイヤーウェルト製法に憧れ何足もグッドイヤーウェルト製法の革靴を買い集めました。その頃はスニーカーやサンダルなどには興味がなく革靴以外眼中にありませんでした。


しかし…長い時間靴売り場にいるとたくさんの靴に出会うことになります。毎日毎日靴と向き合っているとマッケイ製法の革靴やスニーカー、サンダルにまで興味を持ち出しました。「一周廻ったら全部面白くなっちゃった!」というのが本音です。今ではビルケンシュトックは大好きですし、スニーカーも時々履きます。革靴好きの皆様もぜひ色々な靴に挑戦し楽しんでいただければと思います。
最後までお読みいただきありがとうございました!

私の大好きなビルケンシュトックの魅力を紹介!!

コメント

タイトルとURLをコピーしました