大人の嗜み教えます

レザーソールのお手入れ方法を伝授!

チェック!

職業別に使いやすい革靴のソールの選び方をお教えします!!

革靴
この記事は約4分で読めます。
スポンサーリンク

ビジネスマンの皆様、お疲れ様でございます。今回紳士靴販売員のHIROsophyは皆様に革靴のソール(靴底)の特徴についてお話ししたいと思います。

店頭では革靴のソール(靴底)についてたくさんの悩みを聞きます。「ソールが薄くて地面を感じる」「滑って怖い!」「すぐ削れて薄くなってしまう」など用途によってはビジネスマンの皆様には致命的とも言えるソールもありますので解決法を一つ一つ考えていきます!失敗しない革靴の選び方の一つとして覚えておいて下さいね。

革靴のソール(靴底)の種類って何があるの?

大きく分けて二つあります!

レザーソール

全体がレザーでできたソールです。屈曲性がよく通気性にも優れていますが、雨などには弱くソールもお手入れが必要です。

ラバーソール

全体がゴム素材でできたソールです。ラバーソールは雨にも強く耐久性があり滑りにくい特徴がありますが、一般的にレザーソールと比べて重く厚みがあるため屈曲性はレザーソールより悪くなります。

お仕事に合った革靴のソールを見つけよう!

どんな場面で使うのかによりレザーソールのほうが合っているのか、ラバーソールが合っているのか分かれます。是非ここで一緒に考えてみましょう!

外回り営業職の方に合うおすすめソール

雨の日でも外回りをされよく歩かれる方は「ラバーソール」をおすすめします。ラバーソールはゴムのため耐久性があり擦り減りにくいです。そして雨の日に履いても水の侵入はしにくいです。マッケイ製法の場合水は侵入しやすい作りですが、レザーソールと比較した場合ラバーソールのほうが雨に優れています。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

タイムサービス足数限定送料無料 リーガル 315R 黒
価格:21950円(税込、送料無料) (2020/11/10時点)


内勤の方に合うおすすめソール

専ら室内でしか履かない方は屈曲性のある「レザーソール」をおすすめします。レザーソールは屈曲性がよく軽いため疲れにくいです。そして通気性も良いため足が蒸れにくいです。靴の中が臭うことを気にされている方も大変多くいらっしゃるので、そういう方は是非レザーソールをお選び下さい。


通勤のみに使いたい方に合うおすすめソール

運動のために一駅歩いている方や通勤でしか革靴を履かないという方には「ラバーソール」をおすすめします。ウォーキングシューズのような仕様のエクストラライトソールという超軽量ソールを使っている革靴もあり、このソールは軽くて柔らかいため歩くのに最適です。通勤で自宅から駅まで歩くという方や、運動を兼ねて歩くという方には耐久性があり、ソールが擦り減りにくいラバーソールがおすすめです。


常にスタイリッシュでいたいファッション業界の方に合うおすすめソール

販売員やアパレルで働かれている方にとって見た目は重要ですよね。そうなるとおすすめはやはり「レザーソール」です。レザーソールはラバーソールに比べて薄く見た目もスタイリッシュです。おしゃれで綺麗目なファッションによく合いますので私はレザーソールをおすすめします。

一日中立ち仕事の方に合うおすすめソール

一日中立っていると本当に疲れますよね。そんな方におすすめしたいのが「ラバーソール」です!私の仕事も立ち仕事なので一日中立っていることの辛さは痛いほど分かります。ラバーソールはレザーソールと比べて厚みもありフロアの硬さを感じにくいです。これは実体験ですがレザーソールは本当に膝や腰に響きます。そしてグリップも良いので小走りもできます。お仕事ですと小走りしたくないのに呼ばれて小走りをする場面ってよくありますよね。ツルツルのフロアをレザーソールで走ると結構滑るのでしっかりと地面を掴んでくれるラバーソールは安心です。

あなたに合ったソールは見つかりましたか?

意外に知らないこともあったのではないでしょうか?たくさん店頭に並ぶ革靴から自分に合ったものを選ぶというのは非常に難しいとは思いますが、ちょっとしたものの見方をすることにより選ぶことも楽しくなります。

また人間にとってどんな靴をどんな場所で履くかって結構重要でそれによりパフォーマンスが変わり、効率にも影響しますよね。これを知ればお仕事が今より楽になること間違いなしです!革靴も「適材適所」なんですね。革靴を愛でよう!

コメント

タイトルとURLをコピーしました